トイレのつまりの原因や予防法

トイレのつまりの原因や予防法 トイレがつまったり排水管 水漏れしたりすると、日常生活に支障を来たしてしまうため、とても不便です。ここでは、つまりの原因や予防法をご紹介していきます。原因や予防法を知っていれば、トラブルの防止につながり、快適にトイレを使い続けられます。
ラバーカップを使う方法やお湯を使う方法、重曹とお酢とお湯を使う方法などでつまりを解決する方法があります。道具をそろえる手間や時間が惜しい、確実に直したいという人は、水道の修理業者を呼んで解決してもらいましょう。自力で直そうと悪戦苦闘して、結局直らずに時間だけがかかってしまったり、状態がもっとひどくなってしまう可能性を考えれば、つまりを見つけたらすぐに業者に来てもらうのが早くて確実な方法でしょう。ただ流れないだけではなく水があふれ出てくるなどの緊急の場合は特に、プロに任せた方が安全です。家族全員が毎日使う場所ですので、一刻も早くトラブルを解決することが大切です。

■トイレ つまりが起こりやすい理由

つまりの理由として最も多いのは、異物や大量のペーパー類の流入です。トイレットペーパーは水に溶けやすいよう作られていますが、大量になると密度が高くなり、水に溶けにくくなります。また、ティッシュペーパーは水に長時間浸してもなかなか溶けないことが知られており、トイレに流せばつまる原因になります。お掃除シートや猫砂などで、使用後にそのままトイレに流せる商品がありますが、大量に流したり、頻繁に流したりするとつまります。これらの商品は、使用上の注意をよく読んで適切に処分しましょう。
また、吐しゃ物やラーメンの残り汁なども異物になります。量が多かったり、脂分が多かったりすると排水管に張り付くことがあります。

■過度な節水も要注意
家庭によっては、節水のために大を小で流したり、節水グッズを利用して水量を減らしたりするところもありますが、過度な節水はつまりの原因になります。十分な水量が得られず、使用のたびに残留物が奥に蓄積して最終的には水が流れなくなってしまいます。トイレの排水管は小さいため、無茶な使い方をするととつまると認識しておきましょう。
節水をしていないのに水量が減少しているなら、タンクの内部でパーツの破損や不具合が起こっている可能性もあるため、タンクを開けて中の状態をチェックしましょう。また、何らかの原因で止水栓が十分に開いていないと、十分な水量が流れなくなることがあります。

■つまりの予防法

元々トイレは水量を適切な量に調節されている製品ですので、本来の水量で流すことが大切です。最近の製品は節水機能が優れているものも多いので、過度な節水は控え、正しく使用しましょう。
また、誤って落ちて流れやすいボールペンや携帯電話などの細かな物は、トイレでは使わないようにしましょう。
水に溶けないものや異物を流していないのに流れが悪いなら、尿石が溜まっていることも考えられます。尿石は一度溜まると固まって頑固にこびりつくため、取り除くのが大変です。尿石の蓄積を防ぐには、こまめに掃除を行うことが大切です。すでに溜まってしまった場合は、業者を呼んで取り除いてもらう必要があります。

■まとめ
つまりは普段から心がけていれば予防することができます。家族にも協力してもらい、異物を流したり水量を少なく使用したりすることがないようにしましょう。お子さんにもいたずらをしないようにと、日ごろからきちんと言葉で伝えておきましょう。
水がつまって便器からあふれてきてしまったら、床や周辺のものが濡れないようにビニールシートや古いバスタオルで周囲を敷き詰めるなどの対策をすると同時に、すぐ止水栓を閉めましょう。止水栓を閉めるとそれ以上水が出てこなくなります。特に2階以上の部屋では、あふれた水が階下の部屋にまで浸透する可能性があるため、これらの対策はトラブルを発見次第行ってください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース